コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルリジサ borage

翻訳|borage

世界大百科事典 第2版の解説

ルリジサ【borage】

美しい青色の花を咲かすムラサキ科の一年草イラスト)。地中海地方原産。ヨーロッパでは中世以来,庭園植物として広く栽培され,各地に逸出している。日本には明治中ごろに紹介されたが,あまり栽培されていない。茎は分枝し高さ30~60cm,剛毛が多くざらつく。汁質で,もむとキュウリにおいがする。茎下部につく葉は大型で倒卵形,縁は波打ち,短い葉柄には翼が発達し,チシャの葉に似ている。上部の葉はより小型で柄はなく,長楕円形。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルリジサ

ボリジ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android