コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堅果 けんかnut

翻訳|nut

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

堅果
けんか
nut

2枚以上の心皮の子房が,成熟時に乾燥して堅い果皮となり,裂開せずに中に1個ないし数個の種子を含んでいるような果実。たとえばクリ,カシ,ハシバミなどにみられる。なおタデ,シソ,カンバなどの実はこの小型のもので,特に小堅果ということがある。オシロイバナイチイの果実は一見堅果にみえるが,子房以外の部分 (前者では萼筒の下部,後者では種皮) が堅くなっているので,これらは偽堅果という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

けん‐か〔‐クワ〕【堅果】

果皮が木質革質で堅い果実。クリ・カシ・ナラなど。殻斗果(かくとか)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けんか【堅果】

かたく乾燥し、熟しても裂開しない果実。果皮は木質で種子から離れやすい。クリ・カシの実の類。多く殻斗かくとを伴うので殻斗果ともいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の堅果の言及

【ナッツ】より

…クリやシイの実のように,成熟しても果皮が裂開しない堅い乾いた果実を植物学上ではナッツ(堅果)というが,利用上からみると,ナッツは一般に木の実と解されており,硬質の殻を有して,その内部の種子や仁を食用にする木本植物の堅果(クリ,ハシバミ,シイなど)や,核果(アーモンド,ペカン,クルミなど)をいう。また,種子を食用にすることから,ナッツはピーナッツなど草本のマメ科植物の種子などをも含めて,広い意味に用いられることが多い。…

【実】より

…カサスゲのように果皮が薄く種皮と離れているものを胞果utricule,イネのように果皮と種皮が合着しているものを穎果(えいか)caryopsisと呼ぶ。堅果(けんか)nutはクリ,ドングリ類,ハシバミのように比較的大型の堅い果皮をもつ実であるブナ科の堅果の基部にある椀状体(クリのいが,ドングリ類の皿)を殻斗(かくと)と呼ぶ。分離果schizocarpは一つの実に複数の種子が入っているが,それぞれは分離して,分果mericarpをなす。…

※「堅果」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

堅果の関連キーワードオキナワウラジロガシアカガシ(赤樫)チチブミネバリヘーゼルナッツヤエガワカンバコンゴウインコナンキョクブナツノハシバミジゾウカンバクリ(栗)ピスタシオ白樫・白橿橅・山毛欅柏・槲・檞カリオカルナーイーン楢槲・楢柏シイ(椎)アカバナ科ヘラノキ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

堅果の関連情報