コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルリトラノオ Pseudolysimachion subsessile (Miq.) Yamazaki

世界大百科事典 第2版の解説

ルリトラノオ【Pseudolysimachion subsessile (Miq.) Yamazaki】

山地の日当りのよい草地に生えるゴマノハグサ科多年草は直立して,高さ1mほどになる。葉は対生し,基部は円形でほとんど柄がなく,卵形で先がとがり,長さ5~12cm,幅2.5~4.5cm,縁に多くの鋸歯がある。7~8月,茎の先に長さ10~20cmの花穂を出す。花は青紫色の合弁花で,径約7mm。花冠は皿形をなし,広卵形の裂片に4裂し,ごく短い筒がある。おしべ2本。果実は扁球形の蒴果(さくか)で先がややへこみ,長さ3mm。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルリトラノオ
るりとらのお

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ルリトラノオの関連キーワードベロニカ(ゴマノハグサ科)ツクシトラノオクガイソウ白前草虎の尾山地

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android