コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山崎 やまさき

16件 の用語解説(山崎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山崎
やまさき

兵庫県中西部,宍粟市南部の旧町域。揖保川中流域にある。 1889年町制。 1955年城下村,戸原村,河東村,蔦沢村,神野村,土万村の6村と合体。 2005年一宮町,波賀町,千種町の3町と合体して宍粟市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

やまざき【山崎】[地名]

京都府南部、乙訓(おとくに)郡大山崎町の地名。また、隣接する大阪府三島郡島本町を含めた地域。淀川の北岸に位置し、古来京都・大阪を結ぶ交通の要地。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

山崎【やまざき】

〈やまさき〉とも。京都府大山崎町と大阪府島本町にまたがる地の旧称。古来山城と摂津の国界にあたる軍事,交通の要地であった。→山崎の戦山崎通
→関連項目島本[町]宗鑑

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

やまさき【山崎】

兵庫県中西部、宍粟しそう市の地名。近世、池田氏・本多氏の城下町。揖保いぼ川に沿い、木材加工業が発達。

やまざき【山崎】

京都府大山崎町の地名。天王山のふもとにあり、淀川をはさんで男山と対する。古来、京都と大阪を結ぶ要地。

やまざき【山崎】

姓氏の一。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山崎の関連情報