コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山崎 やまさき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山崎
やまさき

兵庫県中西部,宍粟市南部の旧町域。揖保川中流域にある。 1889年町制。 1955年城下村,戸原村,河東村,蔦沢村,神野村,土万村の6村と合体。 2005年一宮町,波賀町,千種町の3町と合体して宍粟市となった。中心集落の山崎は因幡街道 (現国道 29号線) 沿いにある谷口集落で,中世は赤松氏,江戸時代は本多氏1万石の陣屋町。 80%余が山地で,木材を産し木工品製造が行なわれる。鉄道に恵まれず交通不便であったが,1974年,中国縦貫自動車道が開通し,山崎インターチェンジが設置され,国道 29号線に連絡した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

やまざき【山崎】[地名]

京都府南部、乙訓(おとくに)郡大山崎町地名。また、隣接する大阪府三島郡島本町を含めた地域。淀川北岸に位置し、古来京都・大阪を結ぶ交通の要地

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

山崎【やまざき】

〈やまさき〉とも。京都府大山崎町と大阪府島本町にまたがる地の旧称。古来山城と摂津の国界にあたる軍事,交通の要地であった。→山崎の戦山崎通
→関連項目島本[町]宗鑑

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

山崎

兵庫県宍粟市にあった道の駅。国道29号に沿う。2013年3月、登録抹消。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

やまさき【山崎】

兵庫県中西部、宍粟しそう市の地名。近世、池田氏・本多氏の城下町。揖保いぼ川に沿い、木材加工業が発達。

やまざき【山崎】

京都府大山崎町の地名。天王山のふもとにあり、淀川をはさんで男山と対する。古来、京都と大阪を結ぶ要地。

やまざき【山崎】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

山崎の関連キーワード鹿児島県薩摩郡さつま町山崎サンタクロースにプレゼント兵庫県宍粟市山崎町今宿千葉県野田市山崎貝塚町兵庫県宍粟市山崎町鹿沢大阪府三島郡島本町山崎兵庫県宍粟市揖保町今市長崎県五島市富江町岳山口県周南市宮の前近未来政治研究会山崎所左衛門兵庫県宍粟市太陽への脱出甲州小松石山崎宗鑑伝山崎治頼崎門学派俳諧三神山崎郷義寿の門松

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山崎の関連情報