コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルーアン種 ルーアンしゅRouen

翻訳|Rouen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルーアン種
ルーアンしゅ
Rouen

フランス北部のルーアン地方原産のあひる。真がもを馴化したもので,日本在来種の青首種と同様に真がもの羽色をしている。雌雄の羽色は違い,雄には複雑美麗な斑紋がある。体重は成雄約 4.1kg,成雌約 3.6kg,卵は大きく,年産 90個ぐらい。肉質は柔軟多汁肉用に適している。早熟早肥であるが,風土の変化に耐える力は弱い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ルーアン種の関連キーワードアヒル(家鴨∥鶩)アヒル

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android