コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レキシントン=フェーエット レキシントン=フェーエットLexington-Fayette

1件 の用語解説(レキシントン=フェーエットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レキシントン=フェーエット
Lexington-Fayette

旧称レキシントンアメリカ合衆国ケンタッキー州北部にある都市。 1779年以降開発が進行。 1832年市制。 1974年フェーエット郡を合併して現在の市名に変更。州中央部ブルーグラス地域の商工業の中心地。タバコの市場があり,サラブレッド種とスタンダードブレッド種のウマの飼育,販売の中心地。アメリカサラブレッド育種協会が所在し,レッドマイル競馬場などがある。タイプライタ,電子機器,バーボンウイスキー,家具,自動車部品,大型電気機械パラシュートテレビ部品,紙コップなどの製造工業が発達。「西部のアテネ」と呼ばれ,ケンタッキー大学 (1865創立) ,劇場,コンサートホール,国立麻薬患者療養所などがある。人口 29万5803(2010)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone