コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レシチナーゼ lecithinase

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レシチナーゼ
lecithinase

レシターゼともいう。レシチン (ホスファチジルコリン) を加水分解する酵素の総称であるが,レシチン以外のリン脂質に作用する酵素もさし,この場合ホスホリパーゼと同義である。現在,A,B,C,Dの4型のレシチナーゼが知られている。Aは,グリセリン残基 C2 (中央の炭素) に結合する脂肪酸を加水分解により切り離してリゾレシチンをつくる。蛇毒に存在する。Bは,グリセリン残基の C1 ,C2 両方に結合する脂肪酸基を切り離し,グリセロホスホリルコリンとする。細菌,カビ,動物組織などに存在。Cは,レシチンのグリセリン残基 C3 のリン酸結合を加水分解して,1,2-ジグリセリドとホスホリルコリンにする。細菌,植物,動物臓器などに分布。Dは,レシチンをコリン (エチルアルコールアミンやセリンがコリンに代っているときは,これらの化合物) とホスファチジル酸に加水分解する。植物組織に広く存在する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

レシチナーゼ

ホスホリパーゼ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レシチナーゼ
れしちなーぜ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

レシチナーゼの関連キーワードヘビ毒

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android