コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レッサークーズー レッサークーズーTragelaphus imberbis; lesser kudu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レッサークーズー
Tragelaphus imberbis; lesser kudu

偶蹄目ウシ科。肩高 1m内外の中型のアンテロープ。体は灰褐色ないし青灰色で,胴から尻にかけて 11~15本の白い縞がある。東アフリカの木が繁茂する藪地や半乾燥地帯に,雌雄とその幼獣がともに生活する。臆病な動物で,日中は茂みにひそみ,おもに夕方,早朝に活動する。なお,これより大型のクーズー T. strepsicerosは本種に似るが,頸の下に顕著な毛総がみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のレッサークーズーの言及

【クーズー】より

…飼育下で23年生きた例があるが野生下の寿命は7~8年。エチオピアからタンザニアまでの草原にすむレッサークーズー(ショウクーズー)T.imberbis(英名lesser kudu)ははるかに小さく,体長110~140cm,体重80~105kg,雄にも首の下面に長毛の房がない。【今泉 吉典】。…

※「レッサークーズー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報