コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レッジェ・ポール理論 レッジェ・ポールりろんRegge-pole theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レッジェ・ポール理論
レッジェ・ポールりろん
Regge-pole theory

高エネルギー素粒子反応を表わす理論。 1960年に T.レッジェがポテンシャルによる散乱振幅を分析して,角運動量を複素平面に解析接続すると,散乱振幅が極 (レッジェ・ポール) や分岐の性質によって表現できることを見出した。この考えは高エネルギーの素粒子反応に応用され,有力な現象論的方法を与える。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

レッジェ・ポール理論の関連キーワードT. レッジェ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android