複素平面(読み)フクソヘイメン

世界大百科事典 第2版の解説

ふくそへいめん【複素平面 complex plane】

直交座標を定めたxy平面において,点(a,b)が複素数α=abi(a,bは実数で,iは虚数単位)を表していると考えるとき,この平面のことを複素平面,またはガウス平面といい,点(a,b)のことを単に点αという。図1の点A,Bはそれぞれ複素数4+4i,-5+6iを表している。xy平面を複素平面と考えたとき,x軸のことを実軸といい,y軸のことを虚軸という。この表示によって複素数を幾何学的に考察することが可能になる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ふくそへいめん【複素平面】

座標平面の点(a , b )に、複素数 a b i を対応させたもの。ガウス平面。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android