コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

複素平面 フクソヘイメン

世界大百科事典 第2版の解説

ふくそへいめん【複素平面 complex plane】

直交座標を定めたxy平面において,点(a,b)が複素数α=abi(a,bは実数で,iは虚数単位)を表していると考えるとき,この平面のことを複素平面,またはガウス平面といい,点(a,b)のことを単に点αという。図1の点A,Bはそれぞれ複素数4+4i,-5+6iを表している。xy平面を複素平面と考えたとき,x軸のことを実軸といい,y軸のことを虚軸という。この表示によって複素数を幾何学的に考察することが可能になる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ふくそへいめん【複素平面】

座標平面の点(a , b )に、複素数 a b i を対応させたもの。ガウス平面。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

複素平面
ふくそへいめん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

複素平面の関連キーワードリーマン(Georg Friedrich Bernhard Riemann)リー‐ヤン(李‐楊)の円定理レッジェ・ポール理論ナイキスト安定定理コーシーの積分定理リウヴィルの定理ナイキストの法則円周等分多項式リーマンの仮説リーマン予想一次分数変換有理形関数リーマン面最大値原理ガンマ関数有理型関数虚数単位指数関数楕円積分制御理論

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android