コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レバンタイン・オーリニャック文化 レバンタイン・オーリニャックぶんかLevantine-Aurignac culture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レバンタイン・オーリニャック文化
レバンタイン・オーリニャックぶんか
Levantine-Aurignac culture

レバノン,シリアイスラエルなどの地中海東部地域にみられる後期旧石器文化。ヨーロッパのオーリニャック文化と共通する多面体刻器,竜骨状の端削器,周辺加工の尖頭器などの石器をもっているが,骨角器はない。古い様相を示すA期と新しいB期に分けられている。その後にレバンタイン・オーリニャックC期とされるものがあるが,これは大きく様相が変化しており,若干ではあるが細石器が石器群の中に出現している。レバント地方特有の石器群である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

レバンタイン・オーリニャック文化の関連キーワードケバラ洞窟レバノン

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android