レバンタイン・オーリニャック文化(読み)レバンタイン・オーリニャックぶんか(英語表記)Levantine-Aurignac culture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レバンタイン・オーリニャック文化
レバンタイン・オーリニャックぶんか
Levantine-Aurignac culture

レバノン,シリアイスラエルなどの地中海東部地域にみられる後期旧石器文化。ヨーロッパのオーリニャック文化と共通する多面体刻器,竜骨状の端削器,周辺加工の尖頭器などの石器をもっているが,骨角器はない。古い様相を示すA期と新しいB期に分けられている。その後にレバンタイン・オーリニャックC期とされるものがあるが,これは大きく様相が変化しており,若干ではあるが細石器が石器群の中に出現している。レバント地方特有の石器群である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android