コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レバント地方 レバントちほうLevant

翻訳|Levant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レバント地方
レバントちほう
Levant

地中海東部沿岸地方をさす地理上の呼び名。フランス語 lever (「日が昇る」の意) に由来する。十字軍時代以後,東方都市 (テュロスシドン) に対する,ベネチアやジェノバなどの交易活動のなかから生れた呼び名で,小アジアやシリア海岸部をさしたが,ときにはギリシアからエジプトまでを含めることもあった。また中近東の別称ともなった。 16~17世紀には極東が上レバントと称され,第1次世界大戦後はシリアとレバノンのフランス信託統治領がレバント諸国といわれ,両国の 1946年の独立後もそのまま使用されることがある。またそれにイスラエルやヨルダンも含められる場合もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

レバント地方の関連キーワードカルメル山の人類進化遺跡:ナハルレバンタイン・オーリニャック文化リングア・フランカアダド=ニラリ3世ドゥアラ洞窟遺跡中東[古代]レバント美術レバント貿易スペイン美術ナトゥフ文化コジモ2世イスラム国ベート事件シリア砂漠牧畜文化洞窟画帆船

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android