コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レブレヤヌ Liviu Rebreanu

世界大百科事典 第2版の解説

レブレヤヌ【Liviu Rebreanu】

1885‐1944
ルーマニアの小説家。オーストリア・ハンガリー支配下のトランシルバニア地方に生まれる。1908年雑誌に短編小説を発表して文壇に認められ,複雑な民族問題を背景に農民の土地への執念をテーマとした小説《イオン》(1920)は,ルーマニア社会小説の伝統を確立した名作として評価された。同じ村を舞台として農民反乱を描いた《一揆》(1932)はその続編で,雄大な叙事詩的作品である。【直野 敦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

レブレヤヌの関連キーワードカミュレジスタンス文学スタージェスもの派コロレンコチャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)ニミッツ内閣総理大臣下村湖人[各個指定]工芸技術部門

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android