レベルメーター(読み)れべるめーたー(英語表記)level meter

日本大百科全書(ニッポニカ)「レベルメーター」の解説

レベルメーター
れべるめーたー
level meter
level indicator

一般に、ある物理量のレベルを測定する計器をさしていうが、種々のものがこの名でよばれている。レベル計という場合もある。

 代表的なものは、電子回路の交流信号レベルを測定するレベルメーターである。これは、電流、電圧、電力のレベルを基準値と比較するもので、通常デシベルdBで表す。そのもっとも著名なものにVUメーター(音量計)があるが、指示騒計sound level meterなどもある。

 また、ある容器内の液体のレベル(液位、液面)を測定する液面計もレベルメーターとよばれている。差圧レベル計、静電容量レベル計、超音波レベル計などがある。

 そのほか、公害振動の大きさなどを定量化して指示する振動レベル計のようなものもある。

[山崎修快]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android