レベルメーター(読み)れべるめーたー(英語表記)level meter

日本大百科全書(ニッポニカ)「レベルメーター」の解説

レベルメーター
れべるめーたー
level meter
level indicator

一般に、ある物理量のレベルを測定する計器をさしていうが、種々のものがこの名でよばれている。レベル計という場合もある。

 代表的なものは、電子回路の交流信号レベルを測定するレベルメーターである。これは、電流、電圧、電力のレベルを基準値と比較するもので、通常デシベルdBで表す。そのもっとも著名なものにVUメーター(音量計)があるが、指示騒計sound level meterなどもある。

 また、ある容器内の液体のレベル(液位、液面)を測定する液面計もレベルメーターとよばれている。差圧レベル計、静電容量レベル計、超音波レベル計などがある。

 そのほか、公害振動の大きさなどを定量化して指示する振動レベル計のようなものもある。

[山崎修快]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「レベルメーター」の解説

レベル‐メーター(level meter)

信号や音の大きさを監視・表示するメーター。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android