静電容量(読み)せいでんようりょう

百科事典マイペディア「静電容量」の解説

静電容量【せいでんようりょう】

電気容量キャパシタンスとも。導体コンデンサーの蓄電力を表す定数。絶縁された導体に電荷Qを与えると電位がVだけ増加するならばQ/Vをその導体の静電容量という。またはコンデンサーの両極板に+Q,−Qの電荷を与えたとき両極板の電位差がVならばQ/Vが静電容量。SI組立単位はファラド
→関連項目共振回路マイクロホン容量

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「静電容量」の解説

せいでん‐ようりょう ‥ヨウリャウ【静電容量】

〘名〙 絶縁された導体の電位、またはコンデンサーの両極の電位差を単位量だけ高めるのに要する電気量。MKSA単位はファラッド。キャパシタンス。電気容量。〔電気訳語集(1893)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「静電容量」の解説

せいでん‐ようりょう〔‐ヨウリヤウ〕【静電容量】

導体コンデンサーなどが、どれくらい電荷を蓄えられるかを表す量。二つの導体の電位、またはコンデンサーの両端電位差を単位量だけ上げるのに必要な電荷として定義される。単位はファラド。静電容量と電圧の積が蓄えられた電荷の総量となる。電気容量。キャパシタンス。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の静電容量の言及

【電気容量】より

…静電容量ともいう。コンデンサー,または単独の導体が,電荷を蓄える能力を表す量。…

※「静電容量」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android