コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静電容量 セイデンヨウリョウ

百科事典マイペディアの解説

静電容量【せいでんようりょう】

電気容量,キャパシタンスとも。導体やコンデンサーの蓄電力を表す定数。絶縁された導体に電荷Qを与えると電位がVだけ増加するならばQ/Vをその導体の静電容量という。
→関連項目共振回路マイクロホン容量

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

せいでんようりょう【静電容量】

絶縁された導体の電圧、またはコンデンサーの両極間の電位差を、単位量だけ上げるのに必要な電気量。 MKSA 単位ではファラッド。キャパシタンス。電気容量。容量。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

静電容量
せいでんようりょう

電気容量」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

静電容量
せいでんようりょう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の静電容量の言及

【電気容量】より

…静電容量ともいう。コンデンサー,または単独の導体が,電荷を蓄える能力を表す量。…

※「静電容量」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

静電容量の関連情報