コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レモン市場 レモンしじょうlemon market

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レモン市場
レモンしじょう
lemon market

レモンとは不良品や欠陥品という意味で,売り手は商品の品質を熟知しているが,買い手はそれについて十分に把握できないような,商品の品質についての情報が売り手と買い手で非対称的な市場をさす。たとえば,自動車の中古車市場において,中古自動車の売り手はそれまで乗っていた自動車の性能をよく知っているが,買い手はすぐにその自動車の性能を見抜けない。そのために中古自動車はその性能に見合わない高すぎる価格で取引される可能性がある。このように,商品についての情報の非対称性が存在すると,市場メカニズムが機能せず市場の失敗を引起す。情報の非対称性は情報の経済分析における重要な性質であり,レモン市場の分析は情報の経済学が急速に発展するきっかけとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

レモン‐しじょう〔‐シヂヤウ〕【レモン市場】

欠陥品(不良品)が横行する市場。「レモンの原理」がはたらいている市場をいう。→レモンの原理

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

レモン市場の関連キーワードスペンスアカロフ

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android