コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

情報の経済学 じょうほうのけいざいがく economics of information

1件 の用語解説(情報の経済学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

情報の経済学
じょうほうのけいざいがく
economics of information

ミクロ経済学の応用分野。ゲームの理論に基づく分析が有効とされる。情報は不完全であり,それぞれ経済主体に不均等に保有され,新しい情報を得るためにはある程度の費用が必要であるという認識に基づいており,情報が不完全であったり個人間で非対称であるときに (1) 各経済主体はどのように行動し,どのような問題が生じるのか,(2) 市場は情報の不完全性によって生じた問題にどう対処できるか,(3) 市場が対応できないときにはどのような制度が必要か,などを分析する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

情報の経済学の関連キーワード経済学ゲームの理論ミクロ経済学マクロ経済学ゲームの理論・ゲーム理論日本応用経済学会ミクロ経済消費者選択の理論《経済学の理論》《ゲームの理論と経済行動》

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone