コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーウェンフィンク Löwenfinck, Adam Friedrich von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レーウェンフィンク
Löwenfinck, Adam Friedrich von

[生]1714
[没]1754
18世紀のドイツの磁器の絵付け師,画家,彫刻家。特に柿右衛門様式と呼ばれる伊万里焼の写しにすぐれ,ヨーロッパの製陶地を転々と移動して柿右衛門様式を広めた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

レーウェンフィンクの関連キーワードハノーバー朝ハノーバー朝イギリス史(年表)アン奈良屋茂左衛門ジョージ[1世]アンジョージ1世ホークスムアハノーバー家

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android