コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊万里焼 いまりやき

6件 の用語解説(伊万里焼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊万里焼
いまりやき

佐賀県有田一帯で産する日本で最初の磁器伊万里港を経て販売されたためこの名がある。従来,元和2 (1616) 年に,帰化朝鮮陶工の李参平 (りさんぺい) が有田泉山の白磁鉱を発見し,日本で初めて磁器を生産したというのが通説であったが,1965年からの天狗谷古窯址の新発掘で,さらに 10年ほどさかのぼる慶長 10 (1605) 年前後から始まったと推定される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いまり‐やき【×万里焼】

江戸初期から佐賀県有田地方で産する磁器の総称。主に有田焼をいう。伊万里港から積み出したのでこの名がある。寛永末ごろには日本の陶磁器生産の王座を占め、17世紀以降ヨーロッパにも輸出された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

伊万里焼【いまりやき】

有田焼とも。佐賀県有田地方産の磁器。伊万里港から輸出されたので,この名が広まった。1616年,朝鮮の渡来人李参平が磁器焼成に成功し,寛永末期に酒井田柿右衛門赤絵を創始するとともに,その声価はヨーロッパにまで及んだ。
→関連項目伊万里[市]金襴手九谷焼佐賀[県]瀬戸焼デルフト陶器

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いまりやき【伊万里焼】

江戸時代に,有田皿山といわれていた,現在の佐賀県有田町を中心とする地域で焼造された磁器。これを伊万里焼と称するようになったのは,12kmほど離れた,伊万里の港から国内各地へ積み出されたためという。1638年(寛永15)に松江重頼の著した《毛吹草》の中に,〈今利ノ焼物〉とみえ,今利または今里などと表されていたことがわかる。初期伊万里染付古伊万里錦手といわれる色絵に,優れた作品が多い。有田焼【西田 宏子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いまりやき【伊万里焼】

伊万里港から積み出された陶磁器の総称。有田焼を主とする。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊万里焼
いまりやき

佐賀県有田町を中心とする磁器窯で焼かれた色絵、染付(そめつけ)など。有田焼ともいう。有田窯の製品を伊万里焼と称するのは伊万里津が重要な積出し港であったからと思われ、開窯当初の1639年(寛永16)にはすでに文献にその名が現れる。地元の文献では江戸初頭の1616年(元和2)に朝鮮半島から帰化した陶工の李参平(りさんぺい)(和名は金ヶ江三兵衛)は有田町泉山に白磁鉱を発見し、初めて磁器窯をおこすことに成功したと伝える。古窯址(し)調査からも初期の製品はおおむねこの時期の様式(中国明(みん)代末期の染付磁器)を示しており、わが国では古染付とよばれている。
 新興の磁器生産は肥前鍋島(ひぜんなべしま)藩の重要産業に急成長していくが、その発展に一大契機を与えたのは1659年(万治2)に始まるオランダ東印度会社の大量買付けであり、以後、伊万里焼は国内はもとより西欧でも大好評を博することになった。
 その製品は染付に始まり、1640年ころには酒井田柿右衛門(かきえもん)が上絵付された白磁、いわゆる色絵(赤絵ともいう)を開発し、この二つが伊万里の支柱となった。ほかに青磁、天目(てんもく)、瑠璃釉(るりゆう)をも焼き、その作風の基本は中国風であったが、ほかに国内向けの茶道具や和様の器皿も焼いている。技術的にも生産量においても、最盛期は1690年から1700年にかかる元禄(げんろく)時代であり、その後は色絵に金彩を加えた伊万里金襴手(きんらんで)が登場して一世を風靡(ふうび)することとなり、17世紀の作風はすっかり下火になってしまった。世に石川県九谷(くたに)窯の製品とよばれる古九谷様式の色絵も、17世紀後半における有田窯の産である可能性がきわめて濃厚である。
 明治時代に入ると有田窯は鍋島藩の支配を離れたが、引き続き海外輸出物で大いに潤った。現在でも工場による量産品と、工芸作家による工芸美術としての磁器とがあわせて焼造されている。[矢部良明]
『西田宏子編『日本陶磁全集23 古伊万里』(1976・中央公論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の伊万里焼の言及

【有田焼】より

…佐賀県西松浦郡有田町を中心とする地域で,江戸時代の初めから焼きつづけられている磁器。江戸時代を通じて,伊万里港から諸国へ積み出されたので,一般に伊万里焼として知られている。有田焼は初期伊万里染付,古伊万里,柿右衛門,幕末伊万里染付などと分類し称せられているが,この区別は明確なものではなく,様式の変遷を大まかにとらえているにすぎない。…

【李参平】より

…伊万里焼の創始者といわれる朝鮮人陶工。日本名を金ヶ江三兵衛といった。…

※「伊万里焼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伊万里焼の関連キーワード有田焼酒井田柿右衛門伝馬役有田みかん西有田[町]有田〈町〉小野元立坊北島源吾北村伝左衛門有田皿山

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊万里焼の関連情報