レーゲンスブルク大聖堂(読み)レーゲンスブルクダイセイドウ

デジタル大辞泉の解説

レーゲンスブルク‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【レーゲンスブルク大聖堂】

Regensburger Dom》ドイツ南東部、バイエルン州の都市、レーゲンスブルクの旧市街にあるゴシック様式の大聖堂。1275年に着工。1869年に尖塔も含めてすべてが完成。旧市街にある他の歴史的建造物とともに、2006年に「レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。「大聖堂のすずめ達」と称される少年合唱団が有名。聖ペテロ大聖堂。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android