レースを編む女(読み)レースヲアムオンナ

デジタル大辞泉「レースを編む女」の解説

レースをあむおんな〔‐をあむをんな〕【レースを編む女】

原題、〈オランダDe kantwerksterフェルメール絵画カンバス油彩。縦24センチ、横21センチ。若い女性がレース編みをしている場面を描く。フェルメールの作品の中でもっとも寸法が小さい。後期の代表作の一。パリ、ルーブル美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「レースを編む女」の解説

レースを編む女

オランダの画家ヨハネス・フェルメールの絵画(1669-71頃)。原題《De kantwerkster》。フェルメールの作品の中でもっとも寸法が小さいことで知られる。後期の代表作の一つ。パリ、ルーヴル美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スクランブル放送

映像や音声の信号を暗号化(スクランブル)して送り出される放送。スクランブル方式やスクランブルシステム、スクランブルなどともいう。テレビ放送用のデータを一定の規則に基づいた鍵(かぎ)によって暗号化するこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android