レーナルト効果(英語表記)Lenard's effect

法則の辞典の解説

レーナルト効果【Lenard's effect】

(1) 水滴落下電気現象.降雨や瀑流に際して水滴が正に,周囲の空気が負に帯電する現象.これは早くも1786年にトロールス(Trolls)によって研究されたが,後にレーナルトが詳細な研究を行ったためにこの名で呼ばれている.液体の表面に電気的二重層が形成したのち,気流によって最外層が剥ぎ取られるためと考えられている.

(2) 空気やそのほかの気体が紫外線の照射によって電離する現象.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android