コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーナルト効果 Lenard's effect

法則の辞典の解説

レーナルト効果【Lenard's effect】

(1) 水滴落下電気現象.降雨や瀑流に際して水滴が正に,周囲の空気が負に帯電する現象.これは早くも1786年にトロールス(Trolls)によって研究されたが,後にレーナルトが詳細な研究を行ったためにこの名で呼ばれている.液体の表面に電気的二重層が形成したのち,気流によって最外層が剥ぎ取られるためと考えられている.

(2) 空気やそのほかの気体が紫外線の照射によって電離する現象.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

レーナルト効果の関連キーワードレナード効果

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android