コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーニア[山](読み)レーニア

世界大百科事典 第2版の解説

レーニア[山]【Mount Rainier】

アメリカ合衆国ワシントン州中西部,カスケード山脈の休火山。標高4392mで同州の最高峰。白人では,1792年ジョージ・バンクーバーが発見し,彼の同僚ピーター・レーニアにちなんで命名された。北西部のインディアン語名〈タコマ山〉としても知られ,日系人の間では〈タコマ富士〉として親しまれている。上部には万年雪や氷河がみられ,下部は豊かな針葉樹林におおわれる。初登頂は1870年に行われた。レーニア山国立公園(1899制定)の中心をなし,訪れる観光客も多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のレーニア[山]の言及

【カスケード[山脈]】より

…コルディレラ褶曲山系に属し,火山が連なり,とくにワシントン州のセント・ヘレンズ山の近年の噴火活動は注目を集めている。最高峰は〈タコマ富士〉とも呼ばれるレーニア山(4392m)でその他3000mを超す高峰が多い。中央部をコロンビア川が横谷をなして横断し,その泡立つ急流(カスケード)に地名は由来する。…

※「レーニア[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android