コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーニア[山] レーニア

世界大百科事典 第2版の解説

レーニア[山]【Mount Rainier】

アメリカ合衆国ワシントン州中西部,カスケード山脈の休火山。標高4392mで同州の最高峰。白人では,1792年ジョージバンクーバーが発見し,彼の同僚ピーター・レーニアにちなんで命名された。北西部のインディアン語名〈タコマ山〉としても知られ,日系人の間では〈タコマ富士〉として親しまれている。上部には万年雪や氷河がみられ,下部は豊かな針葉樹林におおわれる。初登頂は1870年に行われた。レーニア山国立公園(1899制定)の中心をなし,訪れる観光客も多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のレーニア[山]の言及

【カスケード[山脈]】より

…コルディレラ褶曲山系に属し,火山が連なり,とくにワシントン州のセント・ヘレンズ山の近年の噴火活動は注目を集めている。最高峰は〈タコマ富士〉とも呼ばれるレーニア山(4392m)でその他3000mを超す高峰が多い。中央部をコロンビア川が横谷をなして横断し,その泡立つ急流(カスケード)に地名は由来する。…

※「レーニア[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報