レーベルゲートCD(読み)れーべるげーとしーでぃー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

レーベルゲートCD

ソニーグループとレーベルゲートが開発したコピーコントロールCDの技術のひとつ。レーベルゲートCDでは、通常のオーディオ機器では再生可能だが、パソコンのCD-ROMドライブでは再生不可能な音声データが記録されている「ファーストセッションエリア」と、専用の音楽再生ソフト「MAGIQLIP」および音声データが記録されている「セカンドセッションエリア」に分かれている。パソコンでの再生時には、セカンドセッションエリアのデータが使われる。また、パソコンで再生するには、MAGIQLIPを起動し、インターネットで個別認証手続きを行う必要がある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android