コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レ・クイ・ドン Le Quy Don

1件 の用語解説(レ・クイ・ドンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

レ・クイ・ドン【Le Quy Don】

1726‐83
ベトナムレ(黎)朝後期の学者,政治家。タイビン省の進士の家の生れ。1752年進士に及第後,レ・ズイ・マト(黎維樒)の乱などで混乱を極めたレ・ヒエントン(黎顕宗。在位1740‐86)時代の軍事・民政両面の能吏として活躍した。とくに60年清に使し文章応答で名をあげ,77年のフエ陥落に際して旧クアンナム(広南)朝の領土戸籍の調査を行うなど,地方政治の査察と改善に功があった。レ朝後期最大のエンサイクロペディストでもあり,《大越通史》30巻,《撫辺雑録》6巻,《北使通録》4巻,《見聞小録》45巻,《芸台類語》4巻など多数の著作は,いずれも前近代ベトナムの理解に重要な資料である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

レ・クイ・ドンの関連キーワード交趾ベトコンベトナム語ホーチミン市越僑西沙諸島日本ベトナム間賠償借款協定ベトナムのコメ川本邦衛

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone