コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロアジー Alfred Firmin Loisy

1件 の用語解説(ロアジーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ロアジー【Alfred Firmin Loisy】

1857‐1940
フランスの聖書学者,宗教学者。カトリック司祭になり,パリ・カトリック大学で研究しヘブライ語教授,後に聖書学教授に任命された。《福音と教会》(1902)に見られるように,聖書の霊感,無謬性,キリスト教の起源(彼はハルナック考え方に対して,キリスト教が創立者イエス・キリストが予見しなかった方向に歴史的に展開したとした)に関する学説は物議を巻き起こし,その5冊の本は禁書目録にのせられ,1908年公式に破門され,彼は司祭職を捨てた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のロアジーの言及

【モダニズム】より

…カトリックでは1870年以後,第1バチカン公会議にそっての教皇権の強化(〈教皇無謬説〉)と客観主義を重視する新トマス主義に対立して,時代の学問と文化に目をひらくべきことを主張する人びとが現れた。〈モダニズムの父〉と呼ばれるA.F.ロアジーは信仰と理性の関係を問い直し,プロテスタント神学の歴史的・批評学的方法を取り入れた聖書研究を行った。しかしA.vonハルナックが教義史は宗教改革でもって終わると主張したことに対しては,カトリック教会と教義の発展を掲げて対抗した。…

※「ロアジー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ロアジーの関連キーワードフランス組曲リトレフランス窓フランスソワールマンデスフランスフランステレビジオン関根正雄田川建三前田護郎米田豊

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロアジーの関連情報