ロイズ・オブ・ロンドン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リチャード・ロジャーズの設計により,1986年にイギリスのロンドンに建てられたロイズ保険会社本社ビル。ノーマン・R.フォスター設計の香港上海銀行と並んで 20世紀建築表現上での技術表現の到達点とされる。単純な直方体の内部に巨大なアトリウムをもたせ,その外部には,6基のが不規則に配置されている。ここでは,メカニズムを露出させることによって人々にある種の技術ロマンチシズムを与えることで,技術の枠組みを文化的創造へと昇華させている。ロジャーズは,1967年にフォスターと共同で今日のハイテクスタイルの元祖ともいえるリライアンス・コントロール工場を設計,1977年には,ジョルジュ・ポンピドー国立芸術文化センターポンピドー・センター)をレンゾ・ピアノと共同で設計している。ともすれば一様なハイテクスタイルでくくられてしまうことが多い 3人の建築家の差異は,ロジャーズがみずからはほとんど図面スケッチを描かず,人をうまく組織することによって全体を構成していくというプロセスがほかの 2人と比べて突出していることであろう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android