ロイヤル・ダッチ・シェル(英語表記)Royal Dutch Shell plc.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロイヤル・ダッチ・シェル
Royal Dutch Shell plc.

イギリス・オランダ系の世界最大規模の垂直統合石油企業。オランダに本社を置く。1907年に,イギリスのシェル・トランスポート・アンド・トレーディング・カンパニーとオランダのロイヤル・ダッチペトロリアムが事業提携してロイヤル・ダッチ・シェル・グループを形成し,以降,事実上の単一事業グループとして活動してきた。2000年代に入って経営のいっそうの透明化が求められ,2005年,2社は合併して単一の事業法人ロイヤル・ダッチ・シェルとなった。世界 145をこえる国,地域において,探鉱掘削,石油製品,天然ガス,電力,石油化学,再生可能エネルギーなどの事業を展開する国際石油資本メジャーズ)の一つである。なかでも 1960年代に進出したナイジェリアでは,シェル・ナイジェリアが最も有力な石油会社となった。このナイジェリアに保有する原油・ガス埋蔵量が,アメリカ合衆国証券取引委員会基準では埋蔵量としては認められない推定埋蔵量の一部を含めて発表されていた「水増し」が 2004年に明らかになり,経営の透明性が求められた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android