コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロクソラン Roxolan

世界大百科事典 第2版の解説

ロクソラン【Roxolan】

1502‐61
オスマン帝国スルタンスレイマン1世の妃。セリム2世の母。別名ヒュルレムHürrem。生没年は一説では1500‐58ともいう。捕虜となってイスタンブールのトプカプ宮殿入りしたスラブ系女性。美貌で音楽に堪能,人心をとらえるのが巧みで,スルタンの寵をほしいままにし,ハレム勢力の中心人物となった。性格は狡猾,気性の激しい神経質な女性で,政治介入によりオスマン帝国衰退の遠因をつくった。墓はイスタンブールのスレイマニエ・モスク境内にある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ロクソランの関連キーワードスレイマンフッレム

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android