コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロクソラン Roxolan

1件 の用語解説(ロクソランの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ロクソラン【Roxolan】

1502‐61
オスマン帝国スルタンスレイマン1世の妃。セリム2世の母。別名ヒュルレムHürrem。生没年は一説では1500‐58ともいう。捕虜となってイスタンブールトプカプ宮殿入りしたスラブ系女性。美貌で音楽に堪能,人心をとらえるのが巧みで,スルタンの寵をほしいままにし,ハレム勢力の中心人物となった。性格は狡猾,気性の激しい神経質な女性で,政治介入によりオスマン帝国衰退の遠因をつくった。墓はイスタンブールのスレイマニエ・モスク境内にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ロクソランの関連キーワードオットマン帝国オスマン帝国オスマンオスマン語オスマントルコオスマンダスレイマン一世エミルスルターンモスクオスマン朝チェキルゲ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone