コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三橋 みつはし

3件 の用語解説(三橋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三橋
みつはし

福岡県南西部,柳川市北東部の旧町域。筑紫平野南部に位置する。 1952年町制。 2005年柳川市,大和町と合体し柳川市となる。矢部川の分流沖端川と塩塚川の三角州に位置し,縦横にクリーク網がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三橋
みつはし

福岡県南西部、山門(やまと)郡にあった旧町名(三橋町(まち))。現在は柳川(やながわ)市の北東部を占める。旧三橋町は1952年(昭和27)町制施行。2005年(平成17)柳川市に合併。旧町域は筑後(ちくご)平野南部の矢部(やべ)川およびその支流の沖端(おきのはた)川による沖積低地でクリーク網の発達が著しい。西日本鉄道天神大牟田(おおむた)線、国道208号、443号が通じる。主産業は農業で、生産性の高い稲作のほか、レタス、ナス、イグサなどを産し、花茣蓙(ござ)製造、酒造業も行われる。西鉄柳川駅があり西へ商店街が形成されている。付近に川下り乗り場があり、観光客が多い。柳河藩祖立花宗茂(たちばなむねしげ)らを祀(まつ)る三柱(みはしら)神社の「どろつくどん」と、三島(みしま)神社の今古賀風流(いまこがふりゅう)は県指定無形民俗文化財。また、中山にある熊野神社前の大フジは県指定天然記念物。[石黒正紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三橋の関連キーワード筑後柳川福岡県柳川市北長柄町福岡県柳川市古賀福岡県柳川市隅町福岡県柳川市筑紫町福岡県柳川市間福岡県柳川市本町三橋〈町〉福岡県柳川市矢留本町

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三橋の関連情報