人心(読み)ジンシン

デジタル大辞泉の解説

じん‐しん【人心】

人間の心。また、世の人々の考えや気持ち。「人心を掌握する」「人心を惑わす」

ひと‐ごころ【人心】

人間の気持ち。また、人としての情愛の心。
「思えば無情(つれな)の―かな」〈樗牛滝口入道
人心地2」に同じ。
「聖は―もなくて、二日三日ばかりありて死にけり」〈宇治拾遺・一三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じんしん【人心】

人間の心。世の中の人々の気持ちや考え。 「 -を安定させる」 「 -が離反する」

ひとごころ【人心】

人間の心。人情。なさけ。 「はてさて-はさまざまなるかな/当世書生気質 逍遥
平常の意識。正気。 「聖は-もなくて/宇治拾遺 13

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じん‐しん【人心】

〘名〙
① 人間がふつうに持っている、人間としての心。また、世の中の人々の考えや気持。
※性霊集‐一(835頃)遊山慕仙詩「人心非我意、何得人腸
浮世草子・西鶴諸国はなし(1685)五「むかしより世界の人心、是をにくむ事替らず」 〔易経‐咸卦〕
② 人の、本善の性ではない、私欲におおわれた心。
浄瑠璃・頼光跡目論(1661‐73頃)一「さなきだに悪にはうつろひやすき人心、よきを手本にせずして悪しきを定木にせよとは心得難き事共也」

にん‐じん【人心】

〘名〙 人間がふつうに持っている、人間としての心。また、世の中の人々の考えや気持。人の心。じんしん。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※浄瑠璃・四天王最後(1661)一「にんじんを知り給はぬしうのために、あったら命を捨ん事」

ひと‐ごころ【人心】

〘名〙
① 人の心。人間の精神。人間の気持。
※後撰(951‐953頃)雑四・一二六三「人心たとへて見れば白露の消ゆるまも猶久しかりけり〈よみ人しらず〉」
② 特に、感情や欲望のある人の心。
※謡曲・班女(1435頃)「形見の扇より、なほ裏表あるものは、人心なりけるぞや」
※金刀比羅本平治(1220頃か)下「漸(やうやうに)もてなしまゐらせければ、人心になり給ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人心の関連情報