コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロクブリュヌカップマルタン Roquebrune-Cap-Martin

デジタル大辞泉の解説

ロクブリュヌ‐カップ‐マルタン(Roquebrune-Cap-Martin)

フランス南東部、アルプ‐マリチーム県、モナコとマントンの中間に位置する町。中世、異教徒からの攻撃を防ぐために、急峻(きゅうしゅん)な岩山や丘の上に城壁をめぐらして築いた「鷲(わし)の巣村」の一。15世紀にキリストの受難劇を演じることで当時大流行したペストの被害を免れたという伝承があり、毎年夏に受難劇が催される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android