コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロクリス Lokris

世界大百科事典 第2版の解説

ロクリス【Lokris】

ギリシア中部の古代地名。2地域に分かれ,東はエウボイア湾側でロクリス・オプンティアLokris Opountia,西はコリントス湾北岸とアンフィッサ峡谷を含みロクリス・オゾリスLokris Ozolisとよばれていた。これはロクリス人の間に後からフォキス人が侵入したためで,以後も絶えず近隣の侵略に悩まされたが,東西で同じ市民権を保持した。ロクリス人はギリシア史上たいした役割は果たしていないが,前8世紀ころ南イタリアに最初のギリシア人植民市(ロクロイ・エピゼフュリオイLokroi Epizephyrioi)を建設している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ロクリスの関連キーワードエヴァポポーフィロクリスティックネオポーフィロクリスティックポーフィロクリスティックフィリッポス[オプス]アイアス(小アイアス)ピエロ・ディ・コジモクロトン(イタリア)ポーフィロトピックポイキロトピックミクロワックスチューインガムパトロクロスパラフィン紙ケファロスロクロイ人シキュオンヘシオドスザレウコスアイアス

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android