コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロクリス Lokris

世界大百科事典 第2版の解説

ロクリス【Lokris】

ギリシア中部の古代地名。2地域に分かれ,東はエウボイア湾側でロクリス・オプンティアLokris Opountia,西はコリントス湾北岸とアンフィッサ峡谷を含みロクリス・オゾリスLokris Ozolisとよばれていた。これはロクリス人の間に後からフォキス人が侵入したためで,以後も絶えず近隣の侵略に悩まされたが,東西で同じ市民権を保持した。ロクリス人はギリシア史上たいした役割は果たしていないが,前8世紀ころ南イタリアに最初のギリシア人植民市(ロクロイ・エピゼフュリオイLokroi Epizephyrioi)を建設している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ロクリスの関連キーワードエヴァポポーフィロクリスティックネオポーフィロクリスティックポーフィロクリスティックアイアス(小アイアス)フィリッポス[オプス]クロトン(イタリア)ピエロ・ディ・コジモポーフィロトピックポイキロトピックチューインガムミクロワックスパトロクロスパラフィン紙ケファロスザレウコスシキュオンロクロイ人ヘシオドスアイアス

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android