コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山川 やまかわ

14件 の用語解説(山川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山川
やまかわ

徳島県北部,吉野川下流の南岸にある地区。旧町名。 1955年山瀬町,川田 (かわた) 町,三山 (みやま) 村の一部が合体して発足。 2004年 10月,鴨島町,川島町,美郷村と合併し,吉野川市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

山川
やまかわ

福岡県南部,みやま市東部の旧町域。筑肥山地の西端にあり,熊本県に接する。 1907年万里小路村,富原村,竹海村の3村と緑村の一部が合体して山川村となり,1969年町制。 2007年瀬高町,高田町と合体して,みやま市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

山川
やまがわ

鹿児島県南部,指宿市南東部の旧町域。薩摩半島の南東端に位置する。1930年町制。2006年指宿市,開聞町と合体して指宿市となった。指宿カルデラ地域に属し,鹿児島湾の湾口に臨む港は火口壁東半が崩壊して浸水し形成された天然の良港で,古くから風待ち港,江戸時代琉球貿易などの拠点であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さん‐せん【山川】

山と川。また、それらを包括した大地。「山川草木」
山中を流れる川。やまがわ。

やま‐かわ〔‐かは〕【山川】

山と川。山や川。
山の神と川の神。
「―も依りて仕ふる神の御代かも」〈・三八〉
白酒のこと。山川酒。
「玉川は箱―は樽へ入れ」〈柳多留・六六〉

やま‐がわ〔‐がは〕【山川】

山の中を流れる川。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

山川

島根県松江市の名物菓子。餅米で作った寒梅粉に砂糖を混ぜ淡い塩味をきかせた落雁。紅白の2種類がある。日本三大銘菓のひとつといわれる。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さんせん【山川】

山と川。自然の景色。

やまかわ【山川】

山と川。山や川。
松江の銘菓。松江藩主松平治郷はるさと(不昧ふまい)の好み。細かい糯もち米に少量の塩味が加えられた押物。

やまかわ【山川】

姓氏の一。

やまがわ【山川】

山の中を流れる川。

やまがわ【山川】

薩摩半島の南端、鹿児島県指宿いぶすき市の地名。島津氏の琉球貿易港、のち漁業基地として繁栄。町内各所から温泉が湧出。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山川の関連キーワード鹿児島県指宿市池田鹿児島県指宿市岩本鹿児島県指宿市大牟礼鹿児島県指宿市小牧鹿児島県指宿市十町鹿児島県指宿市西方鹿児島県指宿市東方鹿児島県指宿市湊鹿児島県指宿市山川福元鹿児島県指宿市湯の浜

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山川の関連情報