コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山川 やまかわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山川
やまかわ

徳島県北部,吉野川下流の南岸にある地区。旧町名。 1955年瀬町,川田 (かわた) 町,三山 (みやま) 村の一部が合体して発足。 2004年 10月,鴨島町,川島町,美郷村と合併し,吉野川市となる。中心地区の田は吉野川支流の川田川の谷口にあり,南北朝時代細川氏が下館を築き市街地を造成したことに始まる。江戸時代には南西部にある高越山 (1123m) の含銅硫化鉄鉱が開発され,和紙の製造も発達した。現在も伝統産業として和紙の製造は継続しているが,鉱山は 1969年閉山された。主産業は農業で,米や果樹の栽培,養蚕も行なわれる。古刹高越寺には重要文化財の絹本著色仏涅槃図があり,船窪 (ふなくぼ) のオンツツジ群落 (天然記念物) がある。付近一帯は土柱高越県立自然公園に属する。

山川
やまかわ

福岡県南部,みやま市東部の旧町域。筑肥山地の西端にあり,熊本県に接する。 1907年万里小路村,富原村,竹海村の3村と緑村の一部が合体して山川村となり,1969年町制。 2007年瀬高町,高田町と合体して,みやま市となった。丘陵地が広く,主産業はミカン栽培で,タケノコも産する。

山川
やまがわ

鹿児島県南部,指宿市南東部の旧町域。薩摩半島の南東端に位置する。1930年町制。2006年指宿市,開聞町と合体して指宿市となった。指宿カルデラ地域に属し,鹿児島湾の湾口に臨む港は火口壁東半が崩壊して浸水し形成された天然の良港で,古くから風待ち港,江戸時代は琉球貿易などの拠点であった。サツマイモ,葉タバコナタネなどを産し,漬物原料のダイコン,およびグラジオラスなど花卉栽培が盛ん。またかつお節加工も行なわれ,枕崎市とともに県下の二大産地。成川温泉,鰻温泉などの温泉があり,火口湖鰻池南端長崎鼻とともに南薩観光ルートの一中心。霧島錦江湾国立公園に属し,国指定特別天然記念物のソテツ自生地がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さん‐せん【山川】

山と川。また、それらを包括した大地。「山川草木」
山中を流れる川。やまがわ。

やま‐かわ〔‐かは〕【山川】

山と川。山や川。
山の神と川の神。
「―も依りて仕ふる神の御代かも」〈・三八〉
白酒のこと。山川酒。
「玉川は箱―は樽へ入れ」〈柳多留・六六〉

やま‐がわ〔‐がは〕【山川】

山の中を流れる川。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

山川

島根県松江市の名物菓子。餅米で作った寒梅粉砂糖を混ぜ淡い塩味をきかせた落雁紅白の2種類がある。日本三大銘菓のひとつといわれる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

さんせん【山川】

山と川。自然の景色。

やまかわ【山川】

山と川。山や川。
松江の銘菓。松江藩主松平治郷はるさと(不昧ふまい)の好み。細かい糯もち米に少量の塩味が加えられた押物。

やまかわ【山川】

姓氏の一。

やまがわ【山川】

山の中を流れる川。

やまがわ【山川】

薩摩半島の南端、鹿児島県指宿いぶすき市の地名。島津氏の琉球貿易港、のち漁業基地として繁栄。町内各所から温泉が湧出。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

山川の関連キーワードイザナミノミコト(伊弉冉尊)徳島県吉野川市山川町前川鹿児島県指宿市山川新生町いこいの里千石キャンプ場鹿児島県指宿市山川福元埼玉県川越市久保町天使の羽のマーチ山川(鹿児島県)兵庫県豊岡市小島福井県小浜市千種かねやま泡盛山川だいこん島根県松江市梅錦ビール護得久朝曜アメリカ橋方向転換論山川イズム福本イズム山川葎園

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山川の関連情報