コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロサ・デ・リマ Rosa de Lima

世界大百科事典 第2版の解説

ロサ・デ・リマ【Rosa de Lima】

1586‐1617
ペルーのリマ生れの聖女。美しい容姿のゆえにロサ(〈バラ〉の意)と呼ばれていたのが堅信礼名となった。幼いころから信仰にあつく,ドミニコ会第三会員として修道生活を送った。祈りと瞑想にふけり,キリストの苦悩をみずからに課して,肉体的苦業を重ね,エクスタシーのなかで神の啓示に触れた。1671年に教皇により,アメリカ生れとしては初めて聖人に列せられ,リマ,ペルー,アメリカ,フィリピン守護聖人と認められた。祝日は8月30日。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ロサ・デ・リマの関連キーワード安土桃山時代(年表)後陽成天皇後陽成天皇豊臣秀吉フォンタナ(Domenico Fontana)水原茂後陽成天皇後陽成天皇後陽成天皇後陽成天皇