コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロシュ[会社] F.Hoffmann‐La Roche & Co.AG

世界大百科事典 第2版の解説

ロシュ[会社]【F.Hoffmann‐La Roche & Co.AG】

スイスの世界最大規模を誇る製薬会社。本社バーゼル。1896年ホフマンFritz Hoffmann(1868‐1920)によりバーゼルに設立された製薬会社が前身。1919年に現社名となる。33年にビタミンCの合成に成功,続いて38年にビタミンE,46年にビタミンAの合成にも成功し,ビタミンのロシュとして有名になった。第2次大戦後,香料,試薬,医療用機器,農薬の分野に進出,76年には液晶材料の販売も始めている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android