コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロジ族 ロジぞく Lozi

1件 の用語解説(ロジ族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロジ族
ロジぞく
Lozi

バロツェ族 Barotseともいう。ザンビアの南西部バロツェランドに住むバンツー語系の 25集団の複合体をいう。人口約 68万と推定される。ロジは以前は最も有力なバロツェ族の最高首長の臣民と考えられ,バロツェ族と呼ばれたが,19世紀に王国を形成し,クワンガ,ムウェニ,コロロなどの諸民族を服属させて以来,ロジ族と呼ばれるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のロジ族の言及

【ザンビア】より

…伝統的な社会の政治的統合は多様な形態をとっていた。南部のトンガ族などは王国を形成しなかったが,ロジ族やベンバ族などは,奴隷や象牙の交易の富を蓄積して強力な王国を形成した。また,この地域のバントゥー系諸部族は,アンゴラからザンビア,モザンビークにかけて中央アフリカを帯状に広がる母系ベルトに属して,母系社会を形成することで有名である。…

※「ロジ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ロジ族の関連キーワード新バロックツィンバロンバロツェランドメバロン酸トロツキスト広津ウジツェシュトロツェクの不思議な旅ルツェルン・フェスティバルアペンツェル・キャトル・ドッグ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone