コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロスウィータ[ガンダースハイムの] Hroswitha von Gandersheim

1件 の用語解説(ロスウィータ[ガンダースハイムの]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ロスウィータ[ガンダースハイムの]【Hroswitha von Gandersheim】

935?‐980?
ドイツ最初の女流詩人。RoswithaまたはローツウィトHrotsvithとも記される。ガンダースハイム修道院の尼僧。8編の韻文聖者伝,テレンティウス風の押韻散文戯曲6編,歴史詩2編を中世ラテン語で書いた。キリスト教的戯曲の最古層に属す彼女の戯曲はテレンティウスにならいながらも,彼の異教的不道徳を排して貞潔の賛美に終始しており,教育的意図が濃厚である。彼女の作品は12世紀の受難劇に取り入れられた1編を例外としてすべて忘れられていたが,人文主義期に再発見された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のロスウィータ[ガンダースハイムの]の言及

【キリスト教文学】より

…この時代にようやく芽ばえたドイツ文学にも,オトフリートの《福音歌》,低ドイツ古語による《救世主》の宗教的記念碑がある。 つぎの世紀はオットー1世による文教の復興期で,各地の修道院を中心に詩人・学者が輩出したが,中に特筆すべきは,中世ラテン宗教劇の圧巻であるガンダースハイムのロスウィータの多く殉教者伝に取材した6編の散文劇と,教会音楽に重要な地位を占めるミサの続唱(セクエンティアsequentia)の発展である。これはすでに9世紀後半ノトカーBalbulus Notkerらを先行者とし,ザンクト・ガレン修道院から各地へ広がり,やがて12世紀に〈やさしきイエスの思いは〉の《バラの続唱》(作者不詳),つづいて〈来ませ尊き御霊〉の《黄金続唱》(S.ラングトンまたは教皇インノケンティウス3世作)などを生んだ。…

【ツェルティス】より

…全ドイツを遍歴して各地に人文主義者の組織をつくり,人文主義の普及と発展に貢献した。愛国主義的でゲルマン古代を理想の時代とし,ドイツの古書を収集して,11世紀の女流詩人ロスウィータの作品なども発見した。【中村 賢二郎】。…

※「ロスウィータ[ガンダースハイムの]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ロスウィータ[ガンダースハイムの]の関連キーワードオーピッツディキンソンDGB西ドイツ東ドイツフランクフルト国民議会ベーメクリスチーヌドピザン統一ドイツフッフ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone