ロス・グラシアレス(読み)ロスグラシアレス

百科事典マイペディアの解説

ロス・グラシアレス

アルゼンチンのパタゴニア地方南部にある国立公園。パタゴニア南部では大きな氷河地形が見られる。ここでは冬でもマイナス5度前後で氷河はよく解け,再結氷を繰り返し,新しく氷河が生まれ変わっている。ペリト・モレノ氷河は今も活発に活動を続けており,巨大な氷塊が湖に滑り落ちるため,多くの観光客が訪れる。公園の北部には,1832年のダーウィン探検時に用いられた帆船の船長名が由来であるフィッツ・ロイ山がある。1981年世界自然遺産に登録。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android