コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロゼール県 ロゼールLozère

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロゼール〔県〕
ロゼール
Lozère

フランス南部,ラングドックルーシヨン地域 (レジオン) の県。マシフサントラル (中央山地) 南東部にある。県都マンド。マンドの南東にロゼール山 (1699m) がある。北部は結晶質岩から成るマルジュリッド山塊や,ジェボーダンなど標高 1000m前後の台地地域で,低木林が広がりわずかにヒツジの飼育が行われる。西部県境付近はオーブラック山地の玄武岩台地に属し,ウシの夏季牧場地域。南部はコースと呼ばれる石灰岩台地で,ロト,タルン両川が深い谷を刻む。台地面は植生もまばらな乾燥地で牧畜が行われ,有名なロクフォールのブルーチーズの原料となる羊乳を産する。南東部はマルジュリッド山塊の延長にあたるセベンヌ山地で,山地斜面は南方ラングドック地方のヒツジ,ウシの夏季牧場に利用される。美しい自然に恵まれ観光が盛ん。面積 5167km2。人口7万 2825 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ロゼール県の関連キーワードJ. マルスナックアリエ川タルン川ロト川

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android