コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロッキング脱線 ロッキングダッセン

デジタル大辞泉の解説

ロッキング‐だっせん【ロッキング脱線】

地震の強い横揺れによって起こる列車の脱線。左右の車輪が交互に浮き上がる状態で走行を続けるうちに、車輪のフランジレール上面に乗り上げ、脱線する。
[補説]平成16年(2004)の新潟県中越地震による上越新幹線脱線事故の原因とされる。防止策として、レールの内側に並行して脱線防止ガードを敷設したり、列車の台車中央部に金属製の逸脱防止ストッパーを取り付けるなどの対応がとられている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ロッキング脱線の関連キーワード補説

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android