コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新潟県中越地震 にいがたけんちゅうえつじしん

7件 の用語解説(新潟県中越地震の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新潟県中越地震
にいがたけんちゅうえつじしん

2004年10月23日午後5時56分頃に新潟県中越地方で発生したマグニチュード6.8(気象庁)の地震。気象庁による正式名称は「平成16年(2004年)新潟県中越地震」。震源は北緯 37°17.3′,東経 138°52.2′。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

新潟県中越地震

2004年10月23日に新潟県中越地方でマグニチュード6.8の地震が発生し、新潟県川口町で最大震度7(10月30日公表)を観測した。地震の特徴は、規模の大きな余震が多発したこと、上越新幹線の列車が走行中に脱線したこと、土砂災害危険地区で多数の土砂崩れにより河道閉塞が発生したことが挙げられる。メカニズムは北西―南東方向に圧力軸を持つ逆断層運動で、断層面の長さは約20km、ずれの量は約2mと推定されている。震源地付近は活褶曲(かつしゅうきょく)地帯で知られる。活褶曲とは現在も成長を続けている褶曲(波状に曲がった地層)で、その下部には伏在断層が存在すると考えられている。

(阿部勝征 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

新潟県中越地震

2004年10月23日に発生したマグニチュード6.8の直下型地震。新潟県旧川口町で最大震度7を記録。死者は関連死を含め68人。

(2011-07-05 朝日新聞 朝刊 岩手全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にいがたけんちゅうえつ‐じしん〔にひがたケンチュウヱツヂシン〕【新潟県中越地震】

平成16年(2004)10月23日、新潟県中越地方で発生したマグニチュード6.8の逆断層型地震。北魚沼郡川口町(現長岡市)で震度7を観測した。大規模な余震が続き、地震発生前の長雨による地盤の緩みと重なって、地滑りなどの被害が拡大した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

新潟県中越地震【にいがたけんちゅうえつじしん】

2004年10月23日,新潟県中越地方で発生したマグニチュード(M)6.8の内陸直下型地震。1995年の兵庫県南部地震阪神・淡路大震災)以降初めて震度7を記録した。
→関連項目激甚災害

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

にいがたけんちゅうえつじしん【新潟県中越地震】

2004年(平成16)10月23日、新潟県中越地方に発生した地震。マグニチュード 6.8、死者四〇名、家屋の全半壊約一万三〇〇〇戸。土砂崩れによる山間部の孤立化や河道閉塞へいそく、上越新幹線の脱線事故などの被害をもたらした。新潟中越地震。新潟県中越大震災。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新潟県中越地震
にいがたけんちゅうえつじしん

2004年(平成16)10月23日17時56分ころ、新潟県中越地方(震源北緯37.3度、東経138.9度)で発生した震源の深さ約13キロメートル気象庁マグニチュード(MJ)6.8、モーメントマグニチュード(MW)6.6の地震。北魚沼(きたうおぬま)郡川口町(現、長岡市)で震度7を観測したほか、小千谷(おぢや)市、刈羽(かりわ)郡小国(おぐに)町(現、長岡市)、古志郡山古志(やまこし)村(現、長岡市)で震度6強を観測、北陸から関東、東北にかけて広い範囲で震度3以上の強い揺れを感じた。計測震度導入後、初めて震度7が観測された。
 この地震により、68人の死者を出した。また、たび重なる台風などによる降雨のため、地盤がゆるんでいたことも災いして、各地で大規模な土砂崩れ、地すべり、道路の損壊など、この方面にも大きな被害があった。また、土砂崩れによる河道閉塞(かどうへいそく)箇所が多数形成された。そこでは、せき止められた川がダム湖状となり、被害を大きくした。
 地震が発生した中越地方は、構造的にはユーラシアプレートと北アメリカプレートが接触し、ほぼ東―西方向に押し合うような力が働いている所で、長岡平野西縁断層帯、十日町(とおかまち)断層帯など、多くの活断層が信濃(しなの)川沿いに続いており、古来地震も多い。2004年10月23日の地震も、地表地震断層を示唆する顕著な地表変形は認められていないが、これらの活断層の一つの活動による可能性がある。地震やGPS(全地球測位システム)観測結果の解析から、この地震は、概略、西に傾いた北北東―南南西走向の断層面の西側の地層が、東側の地層に乗り上げるように動いた逆断層型と考えられている。本震発生後しばらくして、18時34分ころにおきた最大規模の余震(M6.5)は、本震断層とほぼ平行で約5キロメートル離れた別の断層上でおきている。ただし、10月27日10時40分ころのM6.1の余震は、それまでと異なり、上の二つの断層と共役(きょうやく)な(これに直交する)断層の活動によるものと考えられている。この地震以後の余震のなかには、共役断層面上に震源が分布するものもかなりある。互いに共役な断層系が同時に活動する観測例は、きわめてめずらしい。
 この地域には、M5~6クラスの被害地震がときどき発生している。1800年以降では、1828年(文政11)12月18日(三条地震、M6.9)、1887年(明治20)7月22日(M5.7)、1927年(昭和2)10月27日(関原(せきはら)地震、M5.2)、1933年10月4日(M6.1)、1961年(昭和36)2月2日(長岡地震、M5.2)などがある。[長宗留男・山下輝夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新潟県中越地震の関連キーワード中越長岡基準東日本大震災と新潟県中越地震での集団移転小国〈町〉川口〈町〉越路〈町〉寺泊〈町〉栃尾〈市〉新潟県見附市山古志〈村〉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新潟県中越地震の関連情報