コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロッキードF-117Aナイトホーク ロッキードエフいちいちななエーナイトホークLockheed F-117A Night-hawk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロッキードF-117Aナイトホーク
ロッキードエフいちいちななエーナイトホーク
Lockheed F-117A Night-hawk

アメリカ合衆国が開発した,史上初のステルス戦闘機。湾岸戦争の劈頭,レーダに映りにくい特性をいかしてバグダード中心部まで侵入,イラク軍司令部に爆弾を命中させた。従来のステルス機が機体に曲面部や電波吸収材を使ってレーダ波の反射を防いでいたのに対し,レーダ波を熱に変える材質と平面パネル構造乱反射させる方式を採用,これまでの戦闘機とはかなり異なる外観となった。開発は 1975年からアメリカ空軍向けにロッキードが行ない,1981年6月に初飛行,1982年8月から実戦配備されたが,アメリカ国防省がその存在を認めたのは 1988年 11月だった。生産数は 59機。湾岸戦争では 42機が参加,1機も撃墜されることなく全戦略目標の 40%を破壊したという。乗員1,全長 20.08m,全幅 13.20m,総重量 23.8t,最大速度マッハ1,航続距離 2000km。武装は爆弾 800kgを搭載する。 (→ステルス技術 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報