コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロッシュローブ Roche lobe

デジタル大辞泉の解説

ロッシュ‐ローブ(Roche lobe)

近接連星系において、主星伴星の重力が公転運動による遠心力とつり合う面。主星および伴星それぞれを含む水滴型の二つの閉曲面で構成される。名称はフランスの天文学者エドゥアール=ロシュに由来する。ロッシュ袋

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ロッシュローブの関連キーワードアルゴル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android