コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロトゥーマ島 ロトゥーマとうRotuma Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロトゥーマ島
ロトゥーマとう
Rotuma Island

南太平洋,フィジーの属領で,スバ北北西 386kmに位置する火山島。 1791年イギリス船来航,1881年イギリス領となり,フィジーに編入。住民のロトゥーマ人はポリネシア系で独自の言語をもつ。フィジー諸島部への移住者も少くない。コプラ,工芸品などを輸出。中心集落はアハウ。面積 45km2。人口 2688 (1986) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android