コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロボット権 ろぼっとけん robots' rights

1件 の用語解説(ロボット権の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

ロボット権

将来予想されるロボットの「人権」のこと。アシモフの「ロボット工学三原則」において間接的に提示されていたが、英国政府が2006年、複数の民間シンクタンクに依頼して行った未来予測の中で取り上げられ、初めて準公式文書に登場した。 報告書は50年後の世界を展望するもので、人工知能技術革新にともなってロボットが人間並みの知能と行動性、自己複製機能などを持つようになると予想。その場合、ロボットに人間並みの権利を与えるべきだという「議論が起こる可能性」を指摘している。 ロボット権に関する報告を行ったのは、英経営コンサルタント「Outsights」http://outsights.co.uk/と世論調査会社「Ipsos Mori」http://www.ipsos-mori.com/の2社。

(築地達郎 龍谷大学准教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロボット権の関連キーワードマイクロロボットロボットハンドロボット・テクノロジーレスキューロボットホームロボットパートナーロボットロボット観測検索ロボットシーケンスロボット『ロボット』

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone