コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アシモフ アシモフAsimov, Isaac

6件 の用語解説(アシモフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アシモフ
アシモフ
Asimov, Isaac

[生]1920.1.2. ペトロビチ
[没]1992.4.6. ニューヨーク
アメリカの SF作家,生化学者。ソ連で生れ,3歳のときアメリカに渡りニューヨークで育つ。コロンビア大学で博士号を取得。長年ボストン大学で教鞭をとる一方,ロボットの発達した未来社会を描く『われはロボット』I,Robot (1950) などの「ロボット・シリーズ」,銀河系宇宙を征服した人類の物語『銀河帝国の興亡』 Foundation (51) などの「銀河帝国シリーズ」をはじめ,数多くの SFを書いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アシモフ(Isaac Asimov)

[1920~1992]米国の作家・生化学者。ロシア生まれ。SF界の第一人者で、ロボットをテーマにしたものや宇宙進出を果たした人類の未来史を描く。作「わたしはロボット」「銀河帝国の興亡」「鋼鉄都市」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

アシモフ

ロシア生れの米国のSF・推理作家,化学者。ボストン大学で教鞭をとるかたわら執筆。〈ロボット工学三原則〉を生んだ連作ものや《ファウンデーション》3部作(1951年―1952年)などのほか,推理小説,科学啓蒙書も多い。
→関連項目SF

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アシモフ【Isaac Asimov】

1920‐92
アメリカの作家,生化学者。アジモフとも呼び,SF,科学啓蒙書の書き手として名高い。ロシアのスモレンスクに近いペトロビッチ生れ。3歳で渡米,8歳で帰化。1939年コロンビア大学を卒業。49年ボストン医大に就職し,79年から教授。在学中からSFを書きはじめ,日本では50年代中ごろから広く読まれるようになった。《アスタウンディング》誌の編集長J.W.キャンベルの助言によってまとめたロボット工学の三原則に基づくロボット物(《わたしはロボット》《鋼鉄都市》など)や,E.ギボン《ローマ帝国衰亡史》を思わせるファウンデーション・シリーズ(《銀河帝国の興亡》)などの未来叙事詩ファン投票により世界SF大会で授与される伝統ある〈ヒューゴー賞〉の受賞作品集における機知にあふれた著者紹介などにより知られているが,200冊を超える著作のかなりの部分を,数学,物理学,天文学,化学,生物学,歴史など幅広い分野にわたる啓蒙解説書が占める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

アシモフ【Isaac Asimov】

1920~1992) アメリカの作家・生化学者。ロシア生まれ。ロボットの発達した未来社会や壮大な人類の未来史を描き、 SF 界の第一人者となる。「わたしはロボット」「銀河帝国の興亡」などのほか、啓蒙的科学解説書多数。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アシモフ
あしもふ
Issac Asimov
(1920―1992)

アメリカのSF作家、生化学者。アジモフともいう。ロシアのスモレンスク市郊外で生まれ、3歳のとき一家とともにアメリカに移住して帰化した。コロンビア大学で化学を専攻。のちボストン大学で生化学者として核酸の研究に専念する。SF作家としての活動は広範囲にわたるが、SFに対する貢献は大別して三つに分類できる。その一は短編集『わたしはロボット』(1950)に代表されるロボット・テーマの作品で、有名な「ロボット工学の三原則」は彼が提唱したものである。その二は『銀河帝国の興亡』三部作(1951~1953)を中心とする壮大な人類の未来史を描くクロニクルSF。その三はSFとミステリーを結合させて新分野を開いた、ロボット刑事が活躍する『鋼鉄都市』(1953)と『裸の太陽』(1957)である。このほか、平行宇宙とエーリアン(異星人)をテーマにした『神々自身』(1972)により『銀河帝国』に続いてヒューゴー賞を受賞した。SF以外の分野では1970年代から書き続けている連作短編『黒後家蜘蛛(くも)の会』が洒脱(しゃだつ)な本格ミステリーとして高い評価を受け、啓蒙(けいもう)的な多数の科学解説書も含めて著作の総計は200近い。1977年春には『アイザック・アシモフズ・SFマガジン』を創刊して、精力的な活動を続けた。[厚木 淳]
『山高昭訳『アシモフ自伝 』(1983・早川書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアシモフの言及

【ロボット】より

…一風変わったところでは,ビリエ・ド・リラダンの《未来のイブ》(1886)が,機械美女アダリーを生んだエジソン(アメリカの発明王エジソンがそのモデル)の才能にことよせて科学技術の精華をひたすら詩的にうたいあげているのが興味深い。 20世紀に入って,科学技術の発展によりロボットの開発が現実的問題になりだす1940年代初頭には,I.アシモフが〈ロボット3原則〉を提示して,従来のロボットSFの抽象性と矛盾を払拭(ふつしよく)し,明快な論理をそこに据えた。この3原則は,(1)ロボットは人間に危害を加えてはならず,また人間が危害に遭うのを見のがしてもいけない,(2)ロボットは人間から与えられた命令に,それが(1)に反しない限り従わなければならない,(3)ロボットは(1),(2)に反しない限り自分の身を守らなければならない,という3条文から成る。…

※「アシモフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

アシモフの関連キーワードフルハイビジョンフルHDアメリカ演劇現代音楽変成相映画理論小作争議小協商地主制推理小説

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アシモフの関連情報