ロマドカ(英語表記)Hromádka, Josef L.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロマドカ
Hromádka, Josef L.

[生]1889.6.8. モラビア,ホドスラビス
[没]1969.12.26. プラハ
チェコスロバキアのプロテスタント神学者。牧師となり,次いでプラハのフス神学校組織神学教授 (1920~39,47~50) 。ナチス・ドイツ政権下にアメリカに亡命し,プリンストン神学校客員教授 (39~47) 。 1947年プラハに帰り,エキュメニズム運動に積極的に参与し,48年アムステルダムの世界教会会議で西ヨーロッパ世界に鋭い批判を加えた。またキリスト者平和会議の指導者として活躍,レーニン賞を得た。主著『カトリシズムとキリスト教のための戦い』 Der Katholizismus und der Kampf um das Christentum (25) ,『真理に基づく民の一致』 Unity of the People in Truth (49) ,『革命の時代の教会と神学』 Kirche und Theologie im Umbruch der Gegenwart (56) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android