コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロマドカ Hromádka, Josef L.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロマドカ
Hromádka, Josef L.

[生]1889.6.8. モラビア,ホドスラビス
[没]1969.12.26. プラハ
チェコスロバキアのプロテスタント神学者。牧師となり,次いでプラハのフス神学校組織神学教授 (1920~39,47~50) 。ナチス・ドイツ政権下にアメリカに亡命し,プリンストン神学校客員教授 (39~47) 。 1947年プラハに帰り,エキュメニズム運動に積極的に参与し,48年アムステルダムの世界教会会議で西ヨーロッパ世界に鋭い批判を加えた。またキリスト者平和会議の指導者として活躍,レーニン賞を得た。主著『カトリシズムとキリスト教のための戦い』 Der Katholizismus und der Kampf um das Christentum (25) ,『真理に基づく民の一致』 Unity of the People in Truth (49) ,『革命の時代の教会と神学』 Kirche und Theologie im Umbruch der Gegenwart (56) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ロマドカの関連キーワード森鴎外内閣総理大臣饗庭篁村黒田清隆内閣ゴッホ嵯峨の屋お室スベルドラップ(Johan Sverdrup)広島(市)森有礼メネリク[2世]

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android