広島(市)(読み)ひろしま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

広島(市)
ひろしま

広島県のやや西寄り、広島湾に面した市。県庁所在地。1980年(昭和55)全国で第10番目の政令指定都市となり、中国地方の中心をなしている。
 1889年(明治22)市制施行。1929年(昭和4)安芸(あき)郡仁保島(にほじま)、矢賀(やが)、牛田の3村、佐伯(さえき)郡己斐(こい)、草津の2町と古田(ふるた)村、安佐(あさ)郡三篠(みささ)村、1955年安芸郡戸坂(へさか)村、1956年安芸郡中山村、佐伯郡井口(いのくち)村、1971年安佐郡沼田(ぬまた)、安佐の2町、1972年安佐郡可部(かべ)、祇園(ぎおん)の2町、1973年安佐郡安古市(やすふるいち)、佐東(さとう)、高陽(こうよう)の3町と安芸郡瀬野川町、高田郡白木(しらき)町、1974年安芸郡安芸町と熊野跡(くまのあと)村、1975年安芸郡船越(ふなこし)、矢野の2町をそれぞれ編入。1980年政令指定都市となり、中、南、東、西、安芸、安佐南、安佐北の7区に分かれ、1985年佐伯郡五日市(いつかいち)町を編入し佐伯区が成立。2005年(平成17)湯来町(ゆきちょう)を編入。面積906.53平方キロメートル。2015年の人口119万4034。なお、1889年の市制施行時の人口は8万3387、面積27平方キロメートルであった。[北川建次]

自然

北部は中国山地が広がり、市域の約70%は山地、丘陵地が占める。太田川が山地を穿入蛇行(せんにゅうだこう)しながら東流し、県東部から西流してきた三篠川と合流して向きを南方向に転じ、広島平野を形成して広島湾に注ぐ。市の中心街は太田川とその分流の6河川のデルタ上に形成されている。なお、南部の広島湾に点在する島のうち似島(にのしま)などが市域に含まれる。気候は温暖な瀬戸内式気候である。[北川建次]

歴史

広島湾岸には縄文期の貝塚などが発掘されており、弥生(やよい)期の遺跡は海岸沿いだけでなく太田川流域にもみられる。東区の木の宗(きのむね)山からは銅剣・銅鐸(どうたく)(国指定重要文化財)が発見されている。
 1589年(天正17)毛利輝元(もうりてるもと)は太田川のデルタの寒村であった五ヶ庄(ごかしょう)の地に築城し、郡山(こおりやま)城(安芸高田市吉田町)から移り広島城下町を建設したが、関ヶ原の戦い(1600)に敗れ、広島城主は福島正則(まさのり)にかわった。続いて1619年(元和5)浅野長晟(ながあきら)が紀州から入封し、以後12代250年間浅野氏広島藩の治下にあった。1871年(明治4)の廃藩置県後、広島県の県庁が置かれ、1872年には広島城内に広島鎮台(のち第五師団)が設置、1889年県知事千田貞暁(せんださだあき)によって宇品(うじな)港が完成するなど近代都市としての歩みも始まった。1884年山陽鉄道が兵庫から広島まで開通、同年日清戦争(にっしんせんそう)が起こると、広島は対大陸向けの一大兵站(へいたん)基地となり、大本営が置かれ、第7回帝国議会が開かれた。以後広島は軍都として発展し、日露戦争、第一次世界大戦、太平洋戦争と戦乱のたびに拡大していった。これに伴い軍需工業をはじめ各種工業がおこった。
 一方、1902年(明治35)に広島高等師範が、大正から昭和にかけて広島高等学校、広島文理大、広島工専、広島女専などの高等教育機関が設置され、文教都市ともなった。第二次世界大戦前、広島市は六大都市に次ぐ地位を占めていた。
 1945年(昭和20)8月6日、史上最初の原子爆弾が太田川と元安(もとやす)川の分岐点に架かる相生(あいおい)橋を目標に落下、爆心地から半径2キロメートル以内は全壊全焼し、20万人余の死者を出した。戦後原子砂漠の焼土のなかから復興の歩みが始まり、1949年「広島平和記念都市建設法」が制定された。爆心地の中島(なかじま)地区は平和記念公園となり、市街を東西に貫く幅員100メートルの平和大通りが建設された。以後「ノーモアヒロシマズ」の精神にのっとって、国際平和文化都市としての歩みを続けている。[北川建次]

産業

広島市は工業都市的性格が強い。都市化が進むなかで、市の北部の安佐北区、安佐南区や佐伯区では野菜や花卉(かき)栽培が行われる。とくに安佐南区の川内(かわうち)は漬物の広島菜の産地として知られる。また広島湾一帯では古くからカキ、ノリの養殖が行われるが、ノリは井口・草津地域の開発が進み、養殖漁場が消失したため、大幅に減少している。
 第二次世界大戦中まで軍需工場が多かったが、戦後は三菱(みつびし)重工プラント建設、自動車メーカーのマツダ、日本製鋼などによる機械工業が中心となっている。このほか食品、木工家具、ゴム、製針工業などがある。工業地域は市南部の臨海工業地帯や東郊に多い。
 商業面では、卸売業は広島駅前、西部流通団地などに集中し、小売商店街は都心の中区八丁堀、本通り、紙屋町のほか、広島駅前、西区の横川、己斐、さらに郊外の安佐北区可部、佐伯区五日市などに形成されている。都心の紙屋町、基町(もとまち)一帯は中国地方の管理中枢機能が集中し、オフィス街、官庁街となっている。[北川建次]

交通

JR東海道・山陽新幹線、山陽本線のほか、呉(くれ)線、芸備(げいび)線、可部線や、広島電鉄、広島高速交通(アストラムライン)が通じ、交通の要衝である。広島空港は三原(みはら)市にあり、広島市との間にバスの便がある。また、西区の広島湾沿いにある広島ヘリポートは、公共用ヘリポートとして使用されている。道路交通では中国自動車道、山陽自動車道、広島自動車道、広島高速道路が通じる。国道はかつての山陽道を踏襲する国道2号や191号、陰陽連絡道として重要な国道54号、261号のほか31号、183号、433号、487号、488号などがある。海上では広島港(宇品港)から四国の松山を結ぶ高速船、フェリーなどがある。[北川建次]

文化・観光

世界最初の被爆都市として平和記念公園には広島平和記念資料館(原爆資料館)、平和祈念館、平和都市記念碑(原爆慰霊碑)などが設置されている。公園の北西には原爆ドーム(旧、産業奨励館)が被爆当時のまま保存されている。1996年(平成8)原爆ドームは世界文化遺産に登録された。広島城跡(国指定史跡)には天守閣が再建(1958)され、内部は郷土博物館となっている。藩主の別邸庭園の縮景園は1620年(元和6)の築造で国指定名勝。京橋川東側の比治山(ひじやま)(71メートル)は市内の眺望に優れ、サクラの名所。比治山公園として整備され、園内には放射能影響研究所、現代美術館、まんが図書館などがある。広島城跡東方にある頼山陽(らいさんよう)居室は山陽が幽閉されていたところで国指定史跡、同地に頼山陽史跡資料館がつくられている。
 東区の不動院は安土(あづち)桃山時代に安国寺恵瓊(えけい)が再建した寺で、金堂(国宝)のほか鐘楼、楼門、薬師如来坐像(にょらいざぞう)などの国指定重要文化財がある。西区の三滝寺(みたきでら)は紅葉の名所で多宝塔や、藤原時代の阿弥陀(あみだ)如来坐像(国指定重要文化財)で知られる。広島駅北側の二葉山南麓(なんろく)には東照宮、国前寺(こくぜんじ)、饒津(にぎつ)神社の社寺がある。民俗文化財には、安佐南区の阿刀(あと)明神の祭礼に奉納される阿刀神楽(かぐら)(選択無形民俗文化財)がある。文化施設は、中区に広島県立美術館、こども文化科学館、ひろしま美術館、交通科学館、映像文化ライブラリーなどがある。安佐北区に安佐動物公園、佐伯区に市立植物公園、東区に広島市森林公園がある。また南区にはプロ野球広島東洋カープの本拠地広島市民球場がある。広島湾内の似島の安芸小富士や、宇品築港の際に陸繋島(りくけいとう)となった宇品島にはシイの原生林があり、ともに瀬戸内海国立公園の一部になっている。[北川建次]
『『広島市史』全5巻(1922~1925・広島市) ▽『図説広島市史』(1989・広島市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

広島(市)の関連情報