コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒田清隆内閣 くろだきよたかないかく

2件 の用語解説(黒田清隆内閣の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

黒田清隆内閣【くろだきよたかないかく】

1888年4月30日―1889年12月24日。第1次伊藤博文内閣のあと薩長藩閥をもって組織。逓相に大同団結運動の中核後藤象二郎を迎え運動の分裂を策し,大日本帝国憲法発布直後には超然主義を宣言(超然内閣)。
→関連項目山県有朋内閣

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒田清隆内閣
くろだきよたかないかく

(1888.4.30~1889.12.24 明治21~22)
黒田清隆を首班とする藩閥内閣。初代首相伊藤博文(いとうひろぶみ)が新設の枢密院の議長に就任した後を継いで成立。当面する課題は1890年(明治23)の国会開設を控え、憲法をはじめとする諸制度の完遂を期すことと、条約改正の実現であった。そのため大隈重信(おおくましげのぶ)、後藤象二郎(ごとうしょうじろう)ら在野の元勲の入閣を図り、民間の反政府運動を抑えようとした。1889年2月11日皇室典範、大日本帝国憲法を公布(宮中で発布式)。翌12日黒田首相は地方長官を召集し、「政府ハ常ニ一定ノ方向ヲ取リ、超然トシテ政党ノ外ニ立チ至公至正ノ道ニ居ラサル可ラス」と訓示。この超然主義は藩閥政府の初期の帝国議会に対する基本的態度となった。一方、条約改正問題では前伊藤内閣より留任の大隈外相を中心に改正案を作成させた。しかし大隈の改正案は本質的に井上馨(いのうえかおる)前外相のそれと変わりがなかったため、同年6月以降、大同団結派を中心とした猛烈な反対運動にみまわれた。10月11日枢密院議長の伊藤が大隈案に反対して辞表を提出、閣内では後藤逓相(ていしょう)らが強く反対、15日の御前会議でも決着がつかず、24日首相は大隈を除く閣僚とともに辞表を提出するに至った。翌日首相の辞表は受理されたが、他閣僚の辞表は却下、内大臣三条実美(さんじょうさねとみ)が兼任首相となり、条約調印延期などの後始末にあたり、12月24日成立の山県有朋(やまがたありとも)内閣に引き継いだ。なお1889年3月参謀本部条例、海軍参謀部条例が制定され、日清(にっしん)戦争遂行の軍令機関が基本的にこの内閣で成立している。[阿部恒久]
『林茂・辻清明編『日本内閣史録1』(1981・第一法規出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

黒田清隆内閣の関連キーワード単元株制度民事再生法東京天文台ウィルヘルム生物多様性条約陵墓安心・安全ビジネス松岡修造中浦ジュリアン国連生物多様性条約会議

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone